月別アーカイブ: 2013年4月

中学校を卒業した場合は4月1日以降でないと働けない

16歳になれば、バイトをすることができます。
ただし、16歳であっても、中学生はバイトをすることができないの注意しましょう。

■中学生はバイトすることができない理由

中学生がバイトすることができない理由は、法律で決められていることにあります。
「満15歳を過ぎ、その年度の3月31日を経過するまでは、労働者として雇用することはできない」
という法律が、日本にはあるので、16歳でもバイトをすることができません。
小学校から大学まで、3月31日を過ぎるまでは、その学校に在学しているものとみなされます。
3月31日を過ぎていない場合、16歳でも中学生なので、バイトをすることはできません。
中学生も雇用するバイト先がある様ですが、法律を破っている以上、安全とは言えません。
手伝いの範囲であれば、中学生でもバイトをすることができるかもしれません。
あくまで手伝いなので、個人間でのお金のやり取りになります。
親戚または両親の友人に限り、お小遣いとしてのバイトはできるでしょう。
なお、4月1日以降を待ちきれないという人もいるでしょう。
家庭の事情で、どうしてもバイトをしなければならないという人もいると思います。
その場合は、労働基準監督署長の許可があれば、バイトをすることができます。
中学生で新聞配達をしている子を見ますが、許可をもらった上でのバイトになります。
よほどの理由がない限り、バイトをすることはできないということです。
いずれにせよ、校則でバイトをしてはいけないことが決まっているはずです。
学校の風紀を乱さないためにも、3月31日までは、その学校に在籍している責任を持ってください。