カテゴリー別アーカイブ: 注意点

大学生になるとまとまった休みにバイトをする人は多い?

大学生になると、まとまった休みにバイトをする人が多いです。
まとまった休みに大学生が考える行動の4パターンを紹介します。

■まとまった休みの大学生の4パターン

1.休み期間中にできるだけバイトをしてしまう

春休み(冬休み)、夏休み、大学生の休みは2ヶ月近くあります。
学校が休みの期間中にたくさんバイトをしてお金をためてしまう人がいます。
学校がある期間は、できるだけ勉強と部活に専念します。

2.休みの半分がバイトと勉強、半分が遊びと部活

休みの半分で稼げるだけ稼ぎ、勉強をあらかた片づけてしまう人がいます。
後半趣味の部活や遊びに専念する為に、がっつり稼いでしまうことがあります。

3.前半にバイトをし、実家に帰る

休みの前半にバイトをして、実家に帰るための資金にすることがある様です。
前半稼いだ分、実家に帰って久しぶりに合う友達と豪遊することもあります。
休みの大半を実家で過ごすなら、地元でバイトを探す人もいます。
実家に帰ってもすることがない人は、地元で稼いで学校に帰ってからたくさん遊ぶようです。

4.バイトをせず学校のことを考える

ごく少数ですが、バイトをせずに奨学金だけで生活をする人もいます。
勉強、部活、遊びに専念し、学生生活を満喫するでしょう。
何か欲しいものがある時だけ日雇いバイトをする学生もいるようです。
基本的に大学生は、遊びが多くなる時期です。
学生でいられる最後の期間なので、目一杯遊びたいと考えることが多い様です。
遊ぶにはやはりお金が必要なので、稼げるときに稼いでおこうという考えが多いです。
休み期間中であれば時間さえ調整してしまえば、バイト、遊び、勉強、部活すべてを1日ですることも可能です。
暇な時間を工夫して使うことができる学生にとって、休み期間ほど動ける時期はないのです。